まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【継続が大事】歯の磨き方

こんばんは。

 

誰でも知っているよ、と思うかもしれませんが、

歯の磨き方をお伝えします。

 

歯医者に行って、なんども教えてもらったことをお伝えします。たぶん説得力があるはずです。

 

 

基本は、食べた後に歯を磨くこと。

食べてから20分で糖の酸化(虫歯が進行)するそうです。

食べてから20分以内に歯を磨くことがおすすめです。

 

 

歯ブラシの選び方

歯ブラシは、固くてゴシゴシ磨くのはNGだそうです。

歯の表面にあるエナメル質(虫歯などから守ってくれる層)を傷つけてしまう=もろくしてしまうそうです。

また、不必要に歯茎を傷めてしまうようです。

 

ちょうどいいのは、歯ブラシのかたさが普通〜柔らかめらしいです。

 

わたしは、Ora2の歯ブラシを使っています。これが特段いいわけではないのですが、透明でパステルカラーの持ち手がおしゃれなので、気に入っています。

 

Ora2(オーラツー) ミー ハブラシ ミラクルキャッチ [ ふつう ] 6本パック
 

 

歯磨き粉

よく歯医者さんで使われている物が、コンクールシリーズ。

 

 

コンクール ジェルコートF 90g

コンクール ジェルコートF 90g

 

 これは、フッ素といって、エナメル質を強くする成分が多く含まれています。

エナメル質をフッ素によって強くすると、耐酸化するらしく、虫歯になりにくくするそうです。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E8%B3%AA

 

ホワイトニング重視なら、セッチマがおすすめです。

 

settima(セッチマ) はみがき デイリータイプ (スタンディングタイプ) 80g (医薬部外品)

settima(セッチマ) はみがき デイリータイプ (スタンディングタイプ) 80g (医薬部外品)

 

 これが、なかなかコスパ⭕️です。

どれくらい効力があるか、自分の歯をカメラで撮ろうと考えましたが…読んでくださる方のお目汚しになってしまうので、イラストにしました。

f:id:masaochannel:20191013130824j:plain

左が茶しぶで汚れた歯→セッチマで1週間磨いたあと

 

歯医者さんでやるような真っ白なホワイトニングのようにはいきませんが、

もともとの歯の白さまでは戻ります。

茶しぶが着いてから間もないものは、落とすことができます。

わたしは、昔歯列矯正をしたことがあって、その時に接着していた物がまだ歯に残っているのか、前歯の2本がよく汚れます。

また、歯と歯の隙間が茶色くなります。

 

それらが白くなる感じです。

600円で買えるのでお得です。

歯磨き粉を変えるだけなので、余計な工程は増えません。

 

歯の磨き方

これは、歯医者さんからなんども教わりました。

歯の表面を磨く必要はほとんどなくて(奥歯の表面の溝は磨く必要があります)、

磨くところは以下の2つ。

①歯と歯の隙間

f:id:masaochannel:20191013131740j:plain

こきざみに

こきざみに動かすことがポイントです。

ゴシゴシ、は禁物らしいです。

 

②歯茎と歯の間

f:id:masaochannel:20191013131906j:plain

この歯茎と歯の間を磨くことはとっても重要です。

歯周病を防ぐことにつながります。

歯周病は、この隙間に入って病巣を大きくしていきます。

 

歯間ブラシ

歯をよく磨いても磨ききれないところがあります。

その一つが歯と歯の間、歯茎の間です。

特に奥歯が食べかすをよくためています。

歯間ブラシは毎回の歯磨きでした方がいいけれど、

難しい場合は、1日に1回はするといいようです。

 

小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズ 40本 ゴムタイプ

小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズ 40本 ゴムタイプ

 

ゴムタイプ⬆︎と針金タイプ⬇︎

 

【まとめ買い】小林製薬のマイクロ歯間ブラシL字型 超極細タイプ SSSS 10本×3個

【まとめ買い】小林製薬のマイクロ歯間ブラシL字型 超極細タイプ SSSS 10本×3個

 

 最初は、極細を選んだ方がいいです。

細い(Sサイズ)がありますが、到底はいりません。

 

針金タイプを使っていますが、

歯間ブラシ始めた頃は、よく血が出ていました。

この血が出るということは、歯茎が弱っている(炎症している)証らしいです。

3ヵ月続けたら、今は血が出ることはありません。

 

フロス

 

ホリエモンの本でも言われていました⬇︎

 

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

 

 アメリカでは、

「フロス オア ダイ(死)」

と言われるほど、デンタルフロスを使うことを教育されているようです。

歯周病は、心筋梗塞や脳溢血、糖尿病の原因の一つになるようなので、

防ぎたいものです。

 

歯ブラシで磨ききれないもう一つは、

歯と歯の間です。

 

これは、デンタルフロスを使用します。

 

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

 

 ガムのデンタルフロスは、通すと、フロスが膨らみ、

歯の間の食べかすをごそっととってくれます。

これがいいのですが、わたしは手が汚れるのがなんとなくいやで、

糸ようじを使っています。

糸ようじの方が割高で、エコではないので、オススメはできません。

 

 糸ようじもY字型とL字型がありますが、Y字型の方が奥歯を通すときにやりやすいです。

 

 

 

[医薬部外品] 薬用 リステリン マウスウォッシュ クールミント 1000mL + おまけつき【Amazon.co.jp限定】

[医薬部外品] 薬用 リステリン マウスウォッシュ クールミント 1000mL + おまけつき【Amazon.co.jp限定】

 

 このようなマウスウォッシュで最後にゆすいだ方がいいらしいですが、そこまでは面倒なので、やってません。

 

まとめ

歯磨きは虫歯と歯周病予防が一番できる手段です。

ただ、いくら自分で綺麗にしていても

歯医者さんでクリーニングしてもらうのはレベルが違います。

 

2ヵ月に1回のクリーニングなら保険適用で

クリーニング(健診)してもらえます。

 

わたしは、半年に1回〜2回、歯医者さんに行き、歯周病の健診とクリーニングをしてもらいます。

歯がスッキリするし、白くもなります。

すごく好きです。

虫歯の健診もしてもらって、温存している虫歯が1本あります。

歯磨きをよくしているので、1年くらい温存して経過を見ています。

歯医者さん曰く、なるべく自分の歯を残しておいた方がいいらしいです。

強度の問題とかですかね。

 

ぜひ、定期的に歯医者さんへ行こう。

 

まあさ