まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【本…漫画レビュー】神様のバレー

こんばんは。

 

今回は原作渡辺ツルヤ作画西崎泰正『神様のバレー』を紹介します。

 

神様のバレー 1巻 (芳文社コミックス)

神様のバレー 1巻 (芳文社コミックス)

 

 

といっても、

ちょっとだけの紹介になるので、

しょうもない回です。

 

あらすじは万年予選1回戦敗退の中学校(進学校・幸大学園)に、

プロのバレーボール監督が就任。

どんどん勝ち上がる漫画です。

 

一人ひとりの強さを生かした、

頭脳で勝ち上がるバレーボールです。

 

スポーツ漫画だと(わたしが見た漫画だと、あさひなぐやあひるの空、

スラムダンクなど)

試合をする相手だけフォーカスして、

その時のプレーヤーのわざをどう打ち負かすか、という感じでした。

 

それが、今回スケール大きく、

1回戦から大会優勝までを見据えて、

作戦を練っていく

その作戦に相手チーム(読者も)翻弄されます。

 

しかも、その大会だけでなく、次の大会(地区予選大会→県大会)も

視野に入れていて、

ええーどこまでこの作戦が続くの??という感じです。

 

なぜ、プロの監督が中学校の監督に就任したかというと、

全日本の監督を任されるカードを提示されたからです。

万年予選敗退の弱小中学校を全国制覇させたら

全日本の監督の就任、という条件が課されています。

 

スポーツ漫画はスポ根精神満載で、

今まで苦手な分野でした。

(一つのことに打ち込む主人公の姿がまぶしくて、自分がみじめになるというどうしようもない思考回路をわたしはもっているのでw)

 

この漫画は確かに努力している姿も見られるのですが、

監督の作戦がまさに神レベルで

頭脳で勝ち上がる様子がとても好きです。

 

友達に勧められて読みはじめ、まだ途中ですが、

いつも次が気になります。

 

皆さんもぜひ読んで見てください。

 

監督の阿月コーチ⬇︎神レベルの作戦を練る

f:id:masaochannel:20191025204207j:plain

 

まあさ