まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【ちょっと愚痴】人事で板挟み

こんばんは。

 

今回は、ちょっと愚痴を書きます。

 

わたしの勤めている会社で

人事関係の板ばさみになっています。

以下は現実にあったことを「会社だったら」に

当てはめています。

論理が合わなかったり、

読みづらかったりするところがあるかもしれません。

 

 

A課とB課である人をどちらの課に入れるかもめています。

 

A課は専門職であったり、先端技術を開発することを目的としています。

B課は基本的な事務作業やマナーを教育することに力を入れ、品質をよくすることを目的としています。

 

ある人は、研修期間を終え、A課かB課のどちらに配属しようか悩んでいます。

わたしは、A課の人事部にいて、B課の人事部の人とやり取りをしているのですが、もめています。

 

わたしの上司には、ある人をA課に配属するように言われています。

が、B課の人事部の人がそれをオッケーしてくれません。

 

理由は、B課の人が、ある人を育てるために

研修期間の間、B課の一人をある人につけて育てていました。

 

その分、B課は抜けた人の分をいる人でカバーしていたのです。

もちろん、カバーしていたのは一時的で、

というか、ある人をB課に入れるため、育ててきたのです。

B課に行くは、筋が通ります。

 

ただ、A課にある人を入れたほうがいいという考えをA課の上司が持っているのは、

ある人は、基礎的な事務作業やマナーが極端に苦手だからです。

苦手なところをボトムアップするのは難しいと考えています。

最悪、ある人の才能をつぶしかねません。

A課で得意なことを伸ばして欲しいのです。

 

そのことを、わたしがB課の人事部の人に交渉しているのですが、

B課の人は理解してくれません(というのも理由がわかります)。

 

かといって、A課の上司も考えが変わりません。

 

B課の人は、窓口になっている平のわたしではなく、

上司が出てきて、話をしてこいや、と思っているそうです。

(B課の人が教えてくれました。その情報をくれたのも作戦の一つです。)

 

上司は、そのことに気づきつつも、動こうとしません。

 

窓口となっているわたしに対する嫌悪感をB課はつのらせているそうです。

 

はあ、もうどうしたらいいんだろう。

 

B課は立場は対等なのですが、発言力が大きい課です。

なので、A課にとって敵対しないほうが、運営のためにも

いいのはわかります。

 

わたしとしては、A課が今回は折れて、ゆくゆくはある人をB課に

来られるようにしたらいいと思います。

それまでは、ある人のフォローをして、潰れないように見守ります。

 

そうやってうまく立ち回るしかないのかなーと思います。

 

B課の肩を持つと上司がいい顔をしないと思うのですが、

A課とB課の関係が悪くなれば

上司とわたしの関係だけでなくなってしまうので、

今回はわたしがスケープゴートになるしかないのかなー

 

まあこんな会社の仕組み自体がおかしいんですけどね。

 

まあさ