まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【食べリポ】博多はよか!

 

10連休はじめに3泊4日で福岡に行ってきました。

食い倒れ目的で行きました。

上の写真は太宰府参道沿いの「ふくや」の「明太子茶漬け」です。

お土産売っている店舗の奥に食べられるところがあります。11時に行きましたが数組すでに入っていました。席自体は20席あるかないか、こぢんまりしているのでもし行かれるなら早めに。お店を出る11時半には3組くらい並んでいました。

 

導入はこれくらいで、個人的に美味しかったお店ベスト3を紹介します。

3位「一蘭 総本店」「天然とんこつラーメン(こってり・バリカタ・青ネギ)」

東京にある「一蘭」は長蛇の列で入れず、今まで食べたことなかったけれど、一蘭総本店は休日の17時に行ってさっと入れました。東京に住まわれてて行きそびれている人には、穴場です。遠いけれど。

さすが「一蘭」だけあって、とんこつスープのどろどろ感は良かったです。細麺にたくさん絡みつく感じです。バリカタははじめ、「かた!これ食べていい感じ?」というような粉感でしたが、食べているうちに麺が水分を吸ってちょうどいい感じになりました。食感を楽しみたい方にはバリカタがおすすめです。

続いて

2位「グルメ風月」「ビーフバター焼き」

「博多 グルメ」で検索するとかならずと言っていいほど、ヒットするB級グルメ「ビーフバター焼き」。バターと肉の油のコラボが旨味をこれ以上ないくらい引き出していて、それがパスタと絡まってうまうまです。

休日の12時に行ったら、5組くらい並んでいました。20分くらい待って入れました。お店の中はレトロな作りで懐かしい感じがします。そして、お客さんのほとんどがビーフバター焼きを頼んでいました。サイズが選べるので、女性やお子様にちょうどいい大きさもあります。

 

最後に

1位「博多 まるさん餃子」「焼餃子」



博多餃子ならではの丸い鉄板の上に餃子。すべて手作り、冷凍保存していない、素材の味を楽しむために香りの少ないにんにくをしている、というこだわりのすごいお店です。にんにく感を楽しみたい方は、お酢とにんにくの入ったしょうゆにつけて食べるのもおすすめです。そのまま食べてもおいしかったです。

予約は必須です!常連さんがリピートしているのか、17時半に行ったらすべて予約でいっぱいでした(わたしたちは当日の12時に2人で電話予約をしていました)。

焼餃子以外にも1皿400円のおばんざいがおいしいです。郷土料理のがめ煮をはじめ、ケールのおひたしやトマト、たけのこと手羽先の煮物などその日ごと、カウンターに大皿が載っています。わたしたちは、がめ煮、トマト、なすの煮びたし、スナックえんどうの塩ゆでを食べました。トマトとスナックえんどうの塩ゆでは素材そのままかとおもいきや注文してから、料理長?がトマトを氷水に冷やし、カットして、パセリとビネガーであえてから出してくれました。産地直送の新鮮かつ身がぎゅっとつまったトマトはおいしかったです。トマトが甘いってこういうことか!と実感しました。スナックえんどうの塩ゆではお酢となにかで和えられていて、食感もパリッとしていました。20本くらいあって、ボリュームも満足でした。

 

以上、個人的なランキングでした。

ほかにもたくさん食べました。

ごまさば、モツ鍋、サザエの釜飯、あら煮、梅ケ枝餅、黒豚の生姜焼き、宮古島バーガー(なぜか)、明太子出汁巻、抹茶パフェ(京はやしや・なぜか)、中洲屋台おでん、純とんこつラーメン(福岡空港・まんかい)…2時間に1回は何か食べていました。

一品がどーんとしているので、複数人で行くといろいろな種類が楽しめると思います。

ご参考に(´∀`)

まあさ