まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【調べてびっくり】高カカオチョコレートの方が健康に悪い?

 

 

こんにちは。

最近、糖質50%オフのホットケーキミックスを使って

スコーンを焼きました。

プレーンは物足りないので、

板チョコを入れました。

ミルクチョコレートです。

せっかくロカボホットケーキミックスを使ったのに

チョコレートを入れたら意味ないのはわかるのですが、

おいしさと糖質やカロリーオフなどとトレードオフには

できないです…

 

そこで、

ミルクチョコレートではなく、

高カカオチョコレートを使ったら

まだ健康的なのではないかと思って

成分を調べました。

 

高カカオチョコレートで

検索すると

独立行政法人 国民生活センター」のHPがでてきました。

なんとなくクリックしたら

高カカオチョコレートに対する警鐘がならされていました。

 

www.kokusen.go.jp

 

高カカオチョコレートは

ミルクチョコレートと比較すると

脂質やカフェインが多いそうで

摂取しすぎには注意だそうです。

 

意外だったので、

明治のHPでミルクチョコレート

明治ミルクチョコレート 50g|商品情報|株式会社 明治

チョコレート効果

チョコレート効果 カカオ86% 70g|商品情報|株式会社 明治

で比較してみました。

 

気をつけたいところが、

成分を表示している1単位あたりです。

ミルクチョコレートは1枚(全部)

チョコレート効果は14枚中の1枚(一部)で

表示されています。

 

脂質の量を計算すると

ミルクチョコレート⇨17.4g

チョコレート効果⇨32.2g

でした。

 

カフェインに関しては

成分の記載がなかったので、

比較できませんでした。

 

炭水化物で比較してみると

ミルクチョコレート⇨27.7g

チョコレート効果⇨25.2g

で、大きな差はみられませんでした。

 

ただし、

糖質に関しては大きな差が…

ミルクチョコレート⇨25.9g

チョコレート効果⇨14g

12gの差があり、

これは生中1杯分の糖質になります。

 

また、

チョコレート効果には

血圧を下げる効果などがあるので、

血圧が気になる方には

適量を摂取することはいいと思います。

ダイエットでは効果があまりみられなさそうです。

 

 

普通のホットケーキミックス

糖質50%オフのホットケーキミックスでは

糖質の差が

20gになります。

 

わたしが作ったチョコレートスコーンは

普通に作るチョコレートスコーンより

マイナス10gの糖質オフになりますね。

 

f:id:masaochannel:20190728092339j:plain

自作チョコレートスコーン

 

おいしさと糖質やカロリーオフなどとトレードオフできない場合にしては

これくらいの微妙な差が

最大限工夫できているのではないでしょうか。

 

まあさ