まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

【値段は関係ない?】クレンジングの成分を調べてみた

f:id:masaochannel:20190630160244j:plain


本日は⬆︎について紹介します‼️


エステに行って1年半になるのですが、

 

気になっていたことがひとつ…

 

いろいろなコスメを勧められるんですよね(~_~;)

 

エステにはあるあるだと思います。

 

そのコスメが高いのなんの。

 

クレンジング4500円

化粧水9000円

保湿クリーム9000円…

 

とてもやっていけません💦

おすすめされるのは、成分がいいから。

たしかにエステの成分はいいのかもしれません。

でも、

「クレンジングはジェルがいいですよ!」

「界面活性剤使っていないからいいですよ!」

と。

 

まあ、エステは高いのでお断りしているのですが、

エステで勧められた、

「クレンジングはジェルがいいですよ!」

にのっかって

ファンケルのジェルクレンジングを使っています。

 

3回くらいリピートして、

とくに悪くもなく良くもなく…という感じです。

 

ドラッグストアに4回目を買いに行ったときに

ふと目に入ったんです。

 

「プチピュア 無添加 クレンジングジェル」



 

500円!

 

安い!

安すぎる!!

 

成分はどうなっているかネットの

「化粧品成分オンライン」

cosmetic-ingredients.org

で調べてみました。

無添加クレンジングジェルが有名ではないためか、成分をまとめた表がありませんでした…)


 

 

調べた結果(半分まで)

 

毒性のものがない=お肌にいい‼️(仮)

 

ということになりました。

意外とFANCLの方がお肌によくないことがわかりました。

 

f:id:masaochannel:20190630110835j:plain

FANCLクレンジングジェル

 

(色付きの欄がお肌によくなかったり、毒性の成分が含まれているものらしいです。)

 

基本的に、成分は含有量の多いものから表記されるそうです。

 

結果から考えると

有名だからいいものかどうかはわからない、ということですね。

例えば「天然成分」という表記は、天然成分が5%入っていれば

表記として使えるようです。

合成界面活性剤はあまりお肌によくないようですね。

界面活性剤は自然にあるもの

カゼインは牛乳の乳脂肪と水分を混ぜ合わせる効果があるようです)

合成界面活性剤は人工的に作られたものらしいです。

食器用洗剤などに使用されています。

種類はかなりあるそうですが、

食器用洗剤と似たようなものを顔に使うと考えると

顔がかゆくなってきますw

 

 

では、なぜお肌にいいもの(影響の少ないもの)を

使っている「無添加クレンジングジェル」

があまり有名ではないかと考えました。

ここからは製薬会社に勤めている友達の話を聞いてからの

憶測ですが、薄利多売ができないからだそうです。

製造工程にかかるコストが削減できなかったり

初期投資に必要な予算がもらえなかったりするそうです。

したがって、流通量が減るため、認知度もそんなにない…

もちろん、広告費を出す予算がないからだそうです。

コスメ用品はレッドオーシャンですね。

 


もしかしたらお近くのドラッグストアで売っているかもしれないので

そのときは、買ってみてくださいね。

 

f:id:masaochannel:20190630110909j:plain

無添加クレンジングジェル



f:id:masaochannel:20190630110902j:plain

無添加クレンジングジェル

f:id:masaochannel:20190630110844j:plain

無添加クレンジングジェル

f:id:masaochannel:20190630111137j:plain

無添加クレンジングジェル

f:id:masaochannel:20190630111210j:plain

無添加クレンジングジェル

f:id:masaochannel:20190630111251j:plain

無添加クレンジングジェル

f:id:masaochannel:20190630111325j:plain

無添加クレンジングジェル