まあさぶろぐ

雑記ブログ(雑多すぎてひくレベル)

オクトーバーフェスト

中野のオクトーバーフェストに行ってきました。

オクトーバーフェストといえば、ドイツですね。オクトーバーフェストとは、はじまりはドイツの王家の結婚式で催されたものらしいです。また、ビール醸造がシーズンになったことを祝うようです。ドイツでは、秋に行われますが、日本では季節問わずところどころで行われれていますね。

わたしが飲んだのは、ヴァイツェンとレモンビール「ラドラー」です。

ヴァイツェンは、エールビールなんですね。香りがあるのに、そんなに苦くなく、ビールが苦手な人にも飲めるようでした。また、ヴァイツェンには種類があるようです。一般的なのは薄い黄色をしていて濁りのある「ヘーフェヴァイツェン」。大麦麦芽を焙煎した茶色の「ドゥンケルヴァイツェン」など。わたしが飲んだものは、「ヘーフェヴァイツェン」でした。バナナの香りがするとのことでしたが、あまりわかりませんでした。でも、飲みやすいのはたしかにです!サラサラっと飲めてしまいます笑

レモンビール「ラドラー」は、シャンディガフとは異なり、ジュースを入れたものではありませんでした。甘くなく、レモンのすっぱさがガツンとくる、あと味が爽やかなビールでした。この日は、気温が25度くらいあり、陽が照っている中で飲んだので、ラドラーはとってもおいしかったです。夏の時期に飲みたくなるビールです。

オクトーバーフェストでは、ビールの買い方が変わっていて、日本のようにプラスチックカップで売られているのではなく、デポジット制といってグラス代を払って、グラスで飲みます(中野は1000円でした)。それと別に飲み物代を払います。2杯目はグラスをもって行けば、そのお店のグラスに交換してくれました。グラスやカップを集めたい人は、そのまま持って帰ってもいいですし、必要ない人は帰るときに返却口に持っていくと、1000円が帰ってきます。ドイツビールならではの陶器のカップがあって持って帰ろうか悩みましたが、今回はやめましたσ^_^;

 

上の写真は中野にあったものと異なりますが、このようなビアグラスはドイツならでは、な感じがします。

外で飲むビールは最高ですね。青い空に冷たいビールは格別でした。日光の下にいると長居ができませんでした。中野は駅近くに飲み屋がたくさんあり、1時間くらいオクトーバーフェストにいて、そのあと中野の飲み屋に行きました笑 このように、オクトーバーフェストの後に行く店がある中野オクフェスはとても満足感が高かったです。

masao